ニュース
フェイスMEAの観光セクターのほとんど準備ができて


Print


ジャカルタ(PRLM).- ASEAN経済共同体(AEC)は、モノの流れを開くために10 ASEAN諸国との間の契約、サービス、国間の投資であり、観光も例外ではありません。

MEAに直面したときツーリズムの ''、我々は実際には非常に楽観的。国立プロフェッショナル認定委員会によると、ほとんどの準備部門があり、神、観光部門に感謝、 ''ガルーダシティ空港鉄道タンゲラン、バンテンの1日のセミナーに資源開発Kemenpar観光IグデPitanaの会長を述べ、月曜日(2015年5月11日) 、

Pitanaよると、MEAの実装によって影響を受けることになる11セクタがある、7部門や工業製品だけでなく、サービス部門5から構成されています。サービス部門の着信観光を十分にMEAに従事するために準備したと考えられます。 ''今で250万人の国内市場であり、それは、2016年1月1日に開始され、国内市場は6億人に達し、我々はメラウケに再びサバンをしないが、10カ国アセアン、 '' Pitanaは言いました。

来年のMEAの開始と、ASEAN諸国間の国境を越えた労働者への商品の流れが強化されます。観光の分野では、Kemenpar者はすぐに、特にそのようなホテルやレストランなどの分野で、インドネシアの労働者を認定します。 ''マンパワーがASEANレベルでの競争の中で認識されたどのように私たちの労働力を維持するために、法律に加えて、観光を認定しなければならない、 ''と彼は言いました。

Kemenparは確かにインドネシアの観光の加害者は、ASEAN圏で競争するために、より良い準備することができます望んでいます。認証と観光部門の労働価値は上昇し、より多くの国内外で、高く評価できることを期待しました。 ''の代わりに、我々はできるだけ多くの労力をエクスポートしたいと思った、 '' Pitanaが追加されました。 (Munady / A-147)***
ソース : http://www.pikiran-rakyat.com/wisata/2015/05/11/326817/sektor-pariwisata-paling-siap-hadapi-mea



   

他のニュース

Lokomotif Pembangunan Masa Depan Jawa Barat Bernama Pariwisata
KADISPARBUD JABAR LUNCURKAN "SIRARU", SEBUAH PROGRAM PENINGKATAN KEPUASAN KONSUMEN BAGI WISATAWAN YANG DATANG KE JABAR
WAGUB JABAR RESMIKAN PAMERAN PERANAN SANTRI DALAM KEMERDEKAAN INDONESIA DI MONPERA JABAR
MAU TAHU FENOMENA LANGIT DI MALAM HARI SEPANJANG BULAN DESEMBER ?
DISPARBUD PROV. JABAR SELENGGARAKAN PENINGKATAN SDM DAN AKSI SADAR WISATA DI DESA WISATA BANTAR AGUNG KAB. MAJALENGKA


ニュースインデックスへ戻る