ニュース
西ジャワ州政府サバート3賞は広報メディア賞イベントで受賞


Print


West Java Provincial Governmentを西ジャワ州広報・議定書局に通し、Bakohumas広報メディア賞(AMH)通信情報局(Ministry of Communication and Information)2018で3つの賞を受賞しました。3つの賞は火曜日(4 / 12/18)。

この賞は、西ジャワの広報・議定書局が受賞したベスト1カテゴリーのプレスリリース/地方/リージェンシー/シティの環境設定、全国レベルのフォーク・パフォーミング・メディア・フェスティバルのベストIカテゴリー、全国レベルの人民メディア・ショー・フェスティバルカテゴリーのベスト・ディレクターでした。

広報・議定書局の代わりに直接この賞を受賞したAzis Zulficar西ジャワ州地域事務局のカバレッジ出版・ドキュメンテーションセクションの責任者は、彼がコミュニティに最高のサービスを提供しようとしていただけだと語った。
「西ジャワ州内陸部の目標が達成されるように、ガバナーによって設定されたような関係者すべてと協力して、ダイナミックなガバナンスを構築するために、西ジャワ州の人々、特に現在のデジタル化時代に役立つ情報サービスを継続して改善することを拍手した。 "彼はイベントの後に会った。

パブリック・リレーションズ・メディア賞は、広報省/機関/地方政府(州、市、地区)の年間賞です。各イベントでは、コミュニケーション情報情報部Bakohumasが、AMHを情報通信コミュニケーション・アクション・シナジー(SAIK)の一部としています。
SAIK 2018、広報省/ LPNK /地方自治体ネットワーク、地方/地区/市通信情報サービス、国有企業の広報、インドネシア全土の公立大学と伝統的なメディアコミュニティの広報活動に従事する数千人の従業員が従います。
Rosarita Niken Widiastuti通信情報省広報局長は、今回のSAIK会合は、政府が4.0の産業革命を達成する勢いだったため、非常に重要だと述べた。

「この産業革命に直面して、戦略的立場を持つ政府広報は専門知識を向上させることが期待されている4.0、政府広報は技術と新メディアを習得できなければならない。

Nikenのほかに、コミュニケーション時代に向けてインドネシアのシナジーをテーマにしたSAIK 2018の開会式には、Arie Yahya観光大臣とMoeldokoの大統領職員室長も出席しました。

今回のSAIK 2018の活動は、4.0産業革命を歓迎するとともに、省庁、非政府機関、BUMN、PTN、政府の参加者が参加する公共娯楽メディアや情報公開ネットワークなどの民間番組の革新と創造活動を含んでいますエリア。
ソース : http://jabar.tribunnews.com/2018/12/05/pemprov-jabar-sabet-3-penghargaan-di-ajang-anugerah-media-humas



   

他のニュース

JABAR SIAPKAN CREATIVE HUB DI KAB/KOTA DI JAWA BARAT
Bandung Ultra 2019
PANGANDARAN KITE FESTIVAL 2019
Berlari Untuk Konservasi
The 1'st Jartiluhur Stand Up Paddle & Kayak Expedition 2019


ニュースインデックスへ戻る